偽膜性大腸炎の診断

偽膜性大腸炎の診断

偽膜性大腸炎の診断

診断は、便の検査で分かります。

 

便中のトキシンAというものを検査します。

 

直近に、抗生剤の投与歴があって、下痢と発熱をきたした患者さんの便から
トキシンAが検出されたら、偽膜性大腸炎の診断となります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ